Hatena::Groupkikori

guldeenの日々のメモ このページをアンテナに追加


【FOR KUMAMOTO PROJECT】くまモン募金箱
インドネシアにおける地震及び津波被害・緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
☆皆様のご支援を、よろしくお願いします。あまったTポイントも使えるよ!☆

2004-07-05 このエントリーを含むブックマーク

ATOKで“禿同”“_| ̄|○”などを一発変換

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/07/01/3501.html

関西弁対応などの変換辞書を作っていた実績があるからね、ジャストシステムは。

青いバラ』がサントリーから

http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-040701-0004.html

英語で「blue rose」といえば、それは「不可能なこと」の意味。太古の昔から、青いバラを求めていろいろな交配がされていたが、根本的に青い色素を作る酵素がバラにはないので、これをバイオの力で実現したという次第。ちなみにサントリーは、意外にも花の新品種の開発で、業界の中では有名な『メーカー』なんだとか。

http://www.suntoryflowers.co.jp/

プレスリリースhttp://www.suntory.co.jp/news/2004/8826.html

ホリエモンの会見

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0406/30/news086.html

バファローズ買収」を言い出してるライブドアの社長さん(通称・ホリエモン)って、こんな顔です。

12分で53個半…米独立記念日恒例のホットドッグ早食い競争でまた日本人優勝

http://www.zakzak.co.jp/top/2004_07/t2004070503.html

http://www.ocsworld.com/ocsnews/home/732/newsny.asp#4

http://abcdane.net/archives/001153.html

“また”小林尊か!(笑)

2004-07-04 このエントリーを含むブックマーク

やねさんのこと

やねうらおさんと知り合うきっかけは今を去る事10年ほど前、八尾に居を置く某パソコン通信だった。(もしかしたら、未だに持ってるPC-386NARのHDDにログが残っているかもしれない・笑)

以来、それほど親密というほどの間柄ではないのだが(ひどいなぁ)、先日、やねうらおさんの家にお邪魔した。詳細はこちら→http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20040704

…と、アチラに言われっぱなしでは悔しい(笑)ので適当に補足してみるのだが、私が今回和歌山県に行ったのは、和歌山の知事が音頭をとって始めた「緑の雇用プロジェクト」の、大阪での説明会に出向いたのがそもそもの始まりだった。これに付いては、後日。

さて仮にだが、ひとことで「やねうらお」という人物を評するとするなら、『怪人』という言葉がふさわしいのではないか、と思われる。

男性の場合は、その本棚を見れば人格が分かる(女性の場合は「冷蔵庫の中身」らしいが…)というが、やねさんの本棚の素晴らしいまでの偏りぶり&充実ぶりに圧倒された。将棋プログラムに関する書籍ばかり(あとは『囲碁』)が、文字通り本棚を「埋め尽くして」いるさまは、まさしく壮観だった。

自分はそれとは真反対の「広く浅く」が信条なので(「ビバ!クイズ」に出た事があるくらい、TVクイズ番組を見るのが好きな小学生だったもので)、どうしてもそういった「一つの道を死ぬまで追究する」タイプの人には、心が惹かれるものがある。

しかもそれだけではなかった。回転寿司をおごっていただいた後(ありがとうございます)、近鉄八尾地図)近くの某ゲーセンへ連れられていった際、ポップンミュージックDDRを怒涛のようにプレイしていた時のやね氏の姿は、まさに「鬼神」さながらであった。(ちなみに私の腕前だが、DDR2のParanoiaノーマルレベルがやっとこさというあたり。TripMachineは今プレイしたら、たぶん失敗する)

あれだけの瞬発力というかバイタリティというものを持っているからこそ、この方は一気呵成にコーディングを進めることが出来るのだろうなといったような事を、ふと考えてしまった。

やる事なす事メチャクチャな国・ナウルのこと

http://blog.livedoor.jp/writing1969/archives/292787.html

それまで、ナウルという国は燐鉱石という天然資源があったため、国中が潤っていたそうな。どのぐらいリッチだったかというと、病院も教育も無料で、周辺諸国から出稼ぎ者が流入・外国から出店してくる料理店が沢山あったため、誰も自炊どころか労働さえしなかったというほどのスゴさ。

ところがとうとう、その天然資源が枯渇してしまい、政府はあせって外資目当てのホテル漁港を作るも、ぬるま湯に浸っていた国民には勤労意欲というものが無いため、ことごとく失敗。ついには、マネーロンダリング国籍の販売といったダーティーなビジネスに手を染める始末。

まさしく、事実は小説よりも奇なりを地で行くノリの国、それがナウルという小国。

選挙ポスターの顔写真、鼻穴に画びょう

http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040630-0012.html

こんなんで逮捕されたくないなァ。(´д`;)

2004-07-02 このエントリーを含むブックマーク

雑記

車はみなべ町を抜け、国道42号線北上していた。左手には霞がかった太平洋が傾いた陽の光を反射させ、まるで一枚の絵はがきのような光景を見せていた。

カーステからは、ゆったりとしたテンポの「タイタニック」のサントラが流れてくる。

──ひとつ訊くけどさ、キミの成りたいのって、結局ナンなんよ?

そうたずねてきたのは、新規林業従事者の事前研修で、同じ部屋に泊り掛けになったMさんだった。

レガシィの所有者であるWさんが、上富田町の朝来(あっそ)から和歌山を経由して神戸まで帰るというので、よければという事でMさんと私がお願いをして同乗させてもらったのだ。

──なんやさっきから聞いてたら、キミって押してくる人には弱いし、女性に対してはえらく潔癖症やし、そのわりに親には未だに依存してるし、人付き合いもそんなに巧くないみたいやし…、ホンマに大丈夫かぁ?

口調はけっして高圧的ではないのだが、Mさんのひとつひとつ言葉が耳に痛い。

──今度の合宿で、僕ら5人が一緒に泊まった時から見ててんけど、キミってどうも“単独プレー”が多いタイプって気がするのよ。せっかくやから、ってUさんが晩メシに誘ってくれた時でも、キミ来ぇへんかったし、ほかでも一歩遅れてってる部分があったやろ? そういう部分って、いずれ『付き合いづらいタイプやなー』って評価になってまうんやで?

よく観察しているなぁ、と感心させられた反面、同時に『そういう部分で人間は評価されるのか』という事にも、あらためて気付かされた。

──講義ん中で先生も言うてはったけど、林業いうのは「チームワーク」やねん。それは、仕事の内容がそれなりに危険やからやけど、林業って仕事する場所自体も田舎やから、仕事でもプライベートな面でも結局は「人付き合い」のセンスが重要になってくる。そういう場所ってのは、皆が助け合わな生きていかれへんからやけどな。

せやけど、今回のキミの行動とか見てたら、そこらへんがなんかごっつ不安な感じがするんよ。地元との付き合いが悪かったら、言い方悪いけどそれこそ「村八分」になってまうし。そないなったら、ホンマ最悪やで?

そこらへんは、オレも自分で店やってた時に、よぉ分かった。昔、お好みとかキャベツ焼きの店を出してたんやけど、時間過ぎてしもぅたやつって焦げるやろ? それ棄てたらロス(損失)になるけど、でも勿体無いからって客に焦げたのを出してたら、店としては失格やねん。そん時はそこが分かってへんかったから、店もつぶれてもうた。自分が何かした時は、それで相手がどう思うか、って考えながら動かなアカン。

車内には、『タイタニック』のラストシーンに掛かるボーカル曲が流れ始めた。

レガシィは、アップダウンを繰り返す国道42号線北上し続ける。あい変わらず左手には、白くもやった夕日が海面上に見えている。

──もう一つえぇか? 相手がどう思うかってのもたしかに大事やねんけど、それ以上に大事なんは、最終的には自分が何になりたいんや、っていう「想い」やで。

オレが脱サラちゅうか、嫁さんとか使うて店を出そうって思うたんは、売れもせん商品の営業に行くのがアホらしいって感じてたんと、いまの自分やったら会社に頼らんでも生きてけるわ!って自負があったからやけどな。一時期は、地域グルメ雑誌にも載ったんやで? でも、そこが頂点やったわ。地代とか高うなるわ、客は来ぇへんわで、けっきょく店閉めんならん羽目になった。

ただ、今回の林業の応募でも、オレにはもう一つの夢があんねん。これから都会では、屋上緑化とかビオトープっちゅう形で、緑を入れる動きがある。ちゃーんと社会に貢献もできるビジネスやで。アカンでも、林業ノウハウってのは、造園業とかに応用でけんねん。オレはそこまで見据えた上で、今回の林業募集に応募したんよ。

…キミはそこらへん、どやのん?

自分には、返す言葉が無かった。そこまで深く考えていたわけではなかったというのが、正直なところだったからだ。

──周りの事を考えるのんって、それはそれで大切な事やけど、自分ウソつきながら行動してたらしんどいで。イヤな事はイヤ、できることはできる、でけへん事はでけへんって、まず正直に周囲にも言わな。なんかキミの動機聞いてたら、結局は「親のため」「周りのため」とかって、誰かの“せい”にしてるのんと変われへんがな。どんなコトするにしたって、結局は自分幸せになろう、ていうのが目的で、そのために努力するいうところから始めな、なんにもならんのんと違う?

車中の音楽が、エリック・クラプトンLaylaに変わった。

体の奥のほうからじわりと溢れるものが、ふと、私の目を濡らした。

※7/5 追記:高野山熊野古道が、ユネスコ世界遺産に登録

http://www.pref.wakayama.lg.jp/sekaiisan/

近鉄オリックス合併問題にライブドアが殴りこみ

ナベツネは「オレが知らない人は入れない」とのアナクロ振りを示し、一方ではメゲずに「やすやすといかないのは覚悟している」と、長期戦の構え。

ライブドア社長の発言への反響一覧

モハマド君、眼の治療に尽力した恩人の墓まいりに

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20040702AT3K0201Z02072004.html

http://kyushu.yomiuri.co.jp/nsurf/nsurf35/nsu3507/nsu350703a.htm

イラクにて、理不尽外国人襲撃事件で失われた命と、その人によって救われた新たな命との対比が、絶望希望はとなり合わせである事を教えてくれる…そんな気がする。