Hatena::Groupkikori

日々のメモ このページをアンテナに追加


【FOR KUMAMOTO PROJECT】くまモン募金箱
インドネシアにおける地震及び津波被害・緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
☆皆様のご支援を、よろしくお願いします。あまったTポイントも使えるよ!☆

2005-01-17 このエントリーを含むブックマーク

私事

10年前の今日、私は学生で、大阪市南部位置する某分譲マンションの一室である実家に、両親・妹とともに住んでいた。早朝、“なぜか”私は不意に目覚め、まだ暗い部屋の中で、ぼんやりとした頭のままでふとんの上に身を起こした。すると、居間コタツで寝ていた母も、別室で寝ていた父も“どういうわけだか”目を覚まし、妹は先日からレポートのために徹夜をしていたので、常夜灯しか点いていない居間家族全員が集うという、すこし不思議な情景が。

すると、見計らったようにというか、そうなる事をまるで待っていたかのように、貧乏ゆすりのような振動が80戸を擁するマンションをゆるやかに揺さぶった。「すぐ止むのかな」と思っていたところ、直後に唐突とも思えるほどの激しい振動が部屋を襲ってきた。ガラス戸の水屋の中では食器類が大きく音を立てて躍り、机の上に置いてあった書棚の段からカセットテープが滝のように降ってくるのを、私は懸命に止めようとしていた。

時間にして40秒ほどだったろうか、ようやく揺れが小さく収まったのを確認し、まずケガをしている者がいないかを互いに声を掛けて確かめ合い、つぎに部屋の中のもので何かが落ちて壊れていないかをチェックした。さいわい、(当時はブラウン管式の)21型テレビが設置してあるサイドボードに置いてあったデッサン胸像が落ちて砕けた以外は、壊れたもの特に無い状況だったが、そうなると今度はニュースが気になって仕方が無い。「早くテレビ点けて、テレビ!」とせかす母。

言われなくても、まずNHKチャンネルを合わせたのだが、画面に映し出された大阪の街はまだ暗闇に包まれており、いったいどこが震源で、どこにどれだけの被害が起こったかさえも、まったく分からない状況だった。試みに、当時所有していた「広帯域受信機」(通常の放送周波数以外の無線が聞けるラジオ)のスイッチを入れてみたところ、トラック無線とおぼしき会話の中で「西宮のほうで、阪神高速(道路)の高架が落ちたみたいやで!」という声が聞こえてきた。その時は、「高速道路が落ちる?どういうことだろう」と疑問に思っていたのだが、日が高くなってからテレビの画面に映し出された「倒壊する高速道路」の映像を見て、あらためて絶句したのを自分はよく覚えている。