Hatena::Groupkikori

guldeenの日々のメモ このページをアンテナに追加


【FOR KUMAMOTO PROJECT】くまモン募金箱
インドネシアにおける地震及び津波被害・緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
☆皆様のご支援を、よろしくお願いします。あまったTポイントも使えるよ!☆

2007-07-19地震・雷・火事・親父 このエントリーを含むブックマーク

新潟日報 余りある善意に被災地困惑

新潟県中越沖地震被災地柏崎市には発生以来、ボランティアや救援物資が全国から続々と到着している。だが、被災3日目の18日の段階ではボランティアが活動できる範囲は限られ、大量に寄せられる物資で倉庫もパンク寸前。関係者は「ボランティアが役立つのは復興へと動きだすとき。もう少し待って」と呼び掛けている。

家屋調査士らによる破損家屋の応急危険度判定も始まったばかりで、本格的にボランティアの人手が必要になるには、あと数日かかるという。

寄せられる物資も、毛布や水など重複するケースも多く、使い切れないのが実情。市は「被災者からのニーズと、物資の内容をデータで整理している段階。本当に必要なものが分かった段階で協力してほしい」としている。

世の中って、どうしてこううまく行かないんだろう。

中越沖地震:カンバン方式裏目に トヨタなど停止で

部品在庫をぎりぎりまでなくすという生産方式は国内自動車メーカーの最大の武器だが、そのアキレス腱が改めて浮き上がった格好。緊急時の対応と危機管理が、メーカー側の大きな経営課題といえそうだ。

自動車の組み立てにタイミングを合わせ、必要な部品を系列部品メーカーなどが随時運び込むというカンバン方式は、トヨタに限らず自動車各社がそろって導入している。(略)今回の操業停止は、リスクと効率を計りにかけた結果ともいえるが、メーカーには放置できない課題を突きつけることになった。

中越沖地震:母子3人救出…力合わせたお隣さんたちが

最後に効いてくるのは、結局は地域のつながりということか。

あのポーションが帰ってくる「FINAL FANTASY VII POTION」

ガイジンの反応が楽しみだ。(結局それか)

ニフニフ動画コンテスト、優秀作にうまい棒1万本

どこまでニフティは本気なんだ(汗)。